FC2ブログ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

パソコン

2010.10.24
新しいパソコンを買いました。

オークションの時に写真の加工?をするのにはいつもアドビフォトショップでした。

でも、ウィンドウズ7には使えなかったので、新しいアトビのソフトを買わなきゃ。。。。。。。。。。。。と思っていたのですが、ペンタブレットの付録?にアトビフォトショップエレメンツが付いてたので、何とかできました。
wbun4.jpg

このいつも通りの加工をするのに、すごい時間がかかりました

慣れればもっと早くできるかもしれませんが、今までのとは違ってすごく面倒くさいです。

今までならひょいひょいと出来ていたのに、何が何だか分かんないし、そんなことまでしなきゃないの?って感じです。

ビスタよりは使いやすいと思っていたのですが、7は今までのいろんなソフトが使えないし、使いにくいかも。

もっと使いやすい方法はないのでしょうか。。。。。。。。。。。。。。
スポンサーサイト

サマンサ、3回目

2010.10.10
さまんさ。

5日、また様子がおかしくなりました。

2.3日前から、なんか頭がななめ?と思っていたのですが、5日の夕方、また威嚇の声を出して、吐いて、それから地獄の時間が来ました。

今回は3回目ということもあり、ちょっと慣れてきた、でも3度目の正直で大変なことになったらどうしようと不安な夜を迎えました。

やはり、不安はそのまま的中で、またよだれを流し、呼吸が荒く、目が尋常ではありません。

体もグニャリとなって、「今度こそ死ぬんやないか」と思ったぐらいです。

それからまた長い時間、苦しみました。
その日寝ずで看ていました。

次の日に、いつも連れて行ってるところとは違う動物病院に連れて行きました。

前庭症候群の中枢性ではないか、とのことでした。

何とか末梢性であってほしいと思っていたのですが。

治療は、皮下補液と、ステロイド、抗生剤、吐き気止めの注射をしてきました。

その日は、少し落ち着いて眠れるんじゃないかと思っていたのですが、具合が悪い癖に高いところに寝たがるし、(でもそんな状態じゃないはずなんですが)、首もななめで、ふらふらして歩くのも転びながらなのに、私が寝てしまったら大変だ!と思い、2日連続で寝るのはあきらめました。

しかし、朝の6時頃から8時まで、不覚にも眠ってしまいました。

この日は、やはり何回か呼吸が荒くなって、血の気が引いてしまったり(わたしが)することもしばしばでした

血の気が引くって、車を運転していたりすると、飛び出してくる子供やお年寄りに出会ったりして、足がじわ~んと冷たくなったり、震えたりすることはしばしばありますが、それとは違う、数段強い血の気の引き方です。

それなのに、寝てしまうとは何たる不覚。

その日もやっぱりご飯も食べないし、目が異常なぐらいどこをみてるでもないのに大きく見開いてこの世のものじゃない何かを見ているようだったし、また病院でステロイドとなんだかの注射をしてきました。

帰ってくるなり首の傾きも少し良くなって、割とまっすぐに歩いて、あっちに行ったりこっちに行ったり。しまいには柱に爪とぎまで。
「ちょっとあんまり頑張らないでほしいんだけど」と思いながら様子を見ていました。

しかし依然食べてくれません。
皮下補液はしてきましたけど、食べないと糖尿病や肝臓に負担がかかるので何とか食べてほしい。

焼き魚や、缶詰、サマンサのお気に入りのカリカリや牛乳のお湯割り、を用意してみましたが食べてくれません。


その日の夜遅くに少しかつをぶしを食べて、順ちゃんたち(亡くなった子)のおさがりを少し舐めて、次の日は少しづつ、食べてくれるよなりました。

かつをぶしを食べてくれた時の感動と言ったらもう!普段はいないと思っている神様に感謝したぐらいです


いまはまだ、目の状態が、おかしいのだけれど、食欲が出てくれただけでもありがたいです。


しかしこれから、またこんなことが起きるのかと思うと、すごく不安です。


今は始終サマンサに関心が向いてるので、ミュシャは何か危機感を持ったらしく、すごい甘えっぷりです。

でもサマンサが来たら、ミュシャの甘えは中断されちゃうのでちょっとストレスたまってるみたいです。

ミュシャの素顔を発見しまた。
ひどいです
だって、サマンサが食べれなくってサマンサのために特別用意した特別おいしい何皿もの食事を、ミュシャったら平然と次から次へと食べちゃうんですもの。
サマンサ「なんだぁ~?この猫?」とまるで知らない猫を見てる風でした。(たぶん頭がまだ正常じゃなかったのかも?)

私もかわいいと思っていたミュシャの「大阪のおばちゃん化」した様子を何とも言えない気持ちで見ていました。

ずっと「かわいい、わがままな女の子」と思っていたのに、まるでアイドルがおならをしてしまった時を見てしまうような、そんな幻滅した気分でした。

今の時点では私にも心の余裕がないので、そう見えてしまったのかもしれませんが。


そして、今日、サマンサも少しずつ食べてくれるようになったし、やっとリカバリディスクなるものを作っている最中に、猫のご飯を作り供したところ、リオ君が夕飯を食べない。

誰よりも食い意地だけは張っているはずなのに、一口ぐらいでやめてしまってすぐにお気に入りの場所に行って寝てしまいました。
もうリカバリディスクなんて、気になって作っている場合じゃない、でも途中だし作ってしまわないと、気分的に落ち着かないし、途中途中でリオ君の様子を見ながら、やっと終わりました。

そして10時頃、夜食には早かったけど、順ちゃんたちのおさがりをやると,...............食べました。普通に。

「え~!なんだったの?」ただ単に、おやつを食べすぎて夕食がいらなかったのか?

私の神経はそんなに太くないからドキドキさせないでほしいです。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

最近のねこ

2010.10.10
やっと新しいパソコンを買った。

恐々セットアップをして、リカバリディスクなるものを作って、やっと安心した。


最近の猫たちの様子は................

まず、この前に紹介した「ちゃいろ」ですが、18日に顔を見せてくれて、その時に好きなチーズを手渡しでやってみたのですが、一応お義理で舐めてくれただけで食べませんでした

その後、ウッドデッキの下でながまっていたので、気の向いたときに食べてくれるのかな?と思っていました

何よりも私がいるうちは安心してご飯が食べれないので、私は早々に姿を消しました。

その後、一回も姿を見ていません。

たぶん、どこかで.........

うちでご飯を食べていた猫たちは、亡くなるときはうちに来て、看取らせてくれたので、ちゃいろもそうだと思っていました。

最後に見たときは、食べる気力もない感じで、心配していましたが、あれが最後だとは、ちょっと油断していたので、また次の日に顔を見せてくれるとばかり思っていました。

あれからもう、20日以上たっています。

一日二日は姿を見せないことがあったけど、20日以上もは初めてです。


この前のお彼岸の最中に、ちょっとした事件がありました。

うちに来てくださるお客様なのですが(Sさん)、その方から電話があって「茶色い猫なんだけどそちらのねこさんじゃありませんか?」というものだったそうです。(私は寝ていました。休みだったし体調がすぐれないのでお昼近くまで寝ていました)
その猫はとても具合が悪そうだったという。

母が見に行ったのですが(母の目は節穴なので)お客様(Yさん)のところのねこ(ちゃいろ)だと思ったらしく、そこの家に電話をして来てもらったそうです。

しかし、違う猫でした。

まだ生きてるのに、「保健所に連絡」みたいな話が出たそうです。

ムッとしました。

でもそこのSさんのところの娘さんと旦那さんが病院に連れて行ってくれたそうです。

猫エイズだったそうです。
数日後に亡くなったそうです。

そこの娘さんは、「今まで食べるものにも不自由したんだろう」と、猫の食べ物や、お菓子や、フルーツ?、またきれいな布を入れてやったそうです。

私は道路で弾かれていた猫を、2度ほど霊園で供養してもらったことがあります。

見ず知らずのねこでも、涙が出てくるから不思議です。
「もしかしたら、うちの子になっていたかも?」と思うからなのでしょうか。

たぶん、道路に横たわっている猫を、見て見ぬふりをしてきたら、後々ずっとその思いが残って苦しくなるのがわかっていいるから自分のためにしているのですが、私みたいな人がいたんだと思うと、なんだか、なんといっていいのか、うれしかったです。

ちゃいろは、今の時点ではまだ生きてくれているんだ、死ぬときは私にかおを見せに来てくれるんだ、と思いながら何とも言えない時間を過ごしていますが、もしかしたら、最後にご飯はどうでもいいからかをを見せに来てくれたんじゃないか?とも思ったりします。

でも自分可愛さに、まだ生きてると思いたいです。




テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット