FC2ブログ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

お雛様、その3

2011.01.28
お内裏様に、植毛を施しました

ohinasama44.jpg

これは「すが糸」というもので人形用の髪の毛です。

数年前に買って、そのうちに使いたいなぁ~と思っていてやっと使うことができました!
まだ髪を結う前なので「パンク」になっています。



ohinasama11.jpg

髪を結いあげました

お雛様の方は

ohinasama55.jpg

こんな感じ。

おすべらかしです。


うしろ姿は
ohinasama33.jpg

こんな感じです
スポンサーサイト

テーマ : ★★ドールハウス・ミニチュア★★
ジャンル : 趣味・実用

迷い猫、その後

2011.01.24
この前に話した「迷い猫」の事です。

今日、「NDN」の方から電話がありました。
NDNの方、というのは、新潟で犬や猫に為にボランティアをしている団体の方です。

私が携帯を持っていなくて、チラシを制作するにあたって「プリペイド携帯を」買おうと思っていたところ、「自分の携帯番号を使ってください」とおっしゃってくれました。

だからチラシを見て電話をかけてきた人は、まず、その人に話をして、私のところにかかってくるという感じです。

こうゆう事の経験豊富な方が中に入ってくださったことは、あとから考えてみたら、そっちの方がありがたいと思いました。
私が気が回らないことも聞いたり話してくれたりしてくれるからです。

今日かかってきた電話では、チラシを見て、「絶対にうちにご飯を食べに来ている子に違いない」
というものだったそうです。

4.5年ぐらいご飯を食べに来てるけど、触らせてもらえない、でも返事はするようになった、そうです。
そこでは「ちゃーちゃん」と呼んでるそうです。

歯がないみたいで、柔らかいものを食べさせている、と言っていたそうです。

うちに姿を見せには来るけど、食べ物は食べていないようでした。
食べ物に困っていれば、食べていくはずなのに、食べないので、野良ではないんじゃないかと思っていました。

そこの家では、ちゃーちゃんは家には入らないけど、窓越しに「ごはんちょーだい」と催促するんですって。

全体を見て、体格のいい猫、と思っていましたが
後ろから見たら痩せていました。
顔はぷっくりしていたけど。

7歳は越えてるみたいです。



15日、ちゃーちゃんを見かけて追跡調査したのですが、ある家のところまで来たら姿が見えなくなってあちらこちらに回って探していたら、そこの家の人が出てきて不審者だと思われてしまいました。

でもそこの人と少し話ができて、その人が言うには「ノラネコですよ、うちの室外機があったかいから暖をとりに来たりしているけど。」

と言っていました。

でも、その時はまだ、本当の家があるんじゃないか?と思っていました。

でも今日の電話で、ちゃんとした家はないかもしれないけどご飯には不自由してない、ということがわかりました。

ご飯をやっている家の人も、老齢や病気の猫がいて家に入れることには躊躇している様子でしたが、ちゃーちゃんが来る限りはご飯を上げるつもりだといっていたそうです。

皆さんには大変ご心配をおかけしました。

どうもありがとうございます。




☆お雛様☆

2011.01.22
何年か前のお雛様です

ohinasama7.jpg

一応、麦球を使っています。

今作っているのはもう少し小さいタイプ。

ちりめんを使いましたが、この小ささではちょっと無理がありそうです。

でもちりめんだとかわいいし。

作っている間はずっと

「明かりをつけましょぼんぼりにぃ~」が頭の中で流れています。

テーマ : ★★ドールハウス・ミニチュア★★
ジャンル : 趣味・実用

お雛様

2011.01.21
お雛様が少しずつできてきました

坊主のお雛様

尼さん?

ohinasama.jpg

ohinasama2.jpg

うしろ姿

ohinasama3.jpg

タイタニック!

ぷぷっ

テーマ : ★★ドールハウス・ミニチュア★★
ジャンル : 趣味・実用

2011.01.17
昨日、というか、おとといになっちゃう?15日の土曜日ですが、7日から見ていなかった迷い猫ニャンニャンが姿を見せました

猫と人間の夕食を作っているとき、母がまるで一大事、みたいな声を出したので行ってみると迷い猫ニャンニャンがちょうど、2メートルのラティスを駆け登っているところでした

「おおっ!、これは後をつけなきゃ!」

と思い、オーバを着て尾行を始めました

まぁ、姿を見かけなかっただけで、来ていたのかもしれませんがね。

この前と同じく2丁目の方に行って、でもちょっと違う方向へ...........

ところどころのんびりと休んだりして、移動してを繰り返しながら、何とか気づかれずに尾行を遂行しておりました。
こちらはすごい雪で、どこの家も雪が積もって庭とかは歩けない状態だったので、移動は道路のみ。
たまによそ様の玄関に入って行って休んだりしながらのんびりと移動してました。

で、あるところに来たら、たぶんこの雪では移動することができないような感じだったのに、姿が見えなくなって、「あきらめるか。。。。。。。。。」
でも、ここまで来たのに。。。。。。

と思いながら、行ったり来たり。

ちょうど行き止まりの家で、そこからその家の人が出てきて不審者に思われてしまいました。

でも、その人の話では、「茶色い猫は野良猫で、うちの室外機、温かいから暖を取っている」みたいなことを言っていました。


えぇ~、ノラネコ??

ノラネコだったらもっと白い部分が汚れているはずだよなぁ~
よっぽど、きれい好きでぺろぺろ舐めてきれいにしてるのか?

それにこの間は一瞬でも触らせてくれたよなぁ.
ノラネコだったら触らせてくれないよなぁ

でも、移動の途中でくしゃみをしていて、風邪ひいてるんじゃないか?とか思ったり。飼い主がいたら病院に連れて行ってるだろうし、家から出さないだろうし。


今の状態では家に入れることはできないし、そんな感じで見守っていくしかないのかなぁ、と思います。

家のニャンニャンは、毎日誰かが調子悪くて、(今日はリオ君、とニコ)余計なストレスはかけられないし。

あと、もしその迷い猫ニャンニャンを正式に家に招き入れることになったときは、病気予防のためにも去勢手術はするつもりだけど、今になって、手術も絶対に安全とは言えないので(万が一があるし)悩みます。

もし、迷い猫ニャンニャンじゃなくて、子猫を保護したとしても、手術の事を考えるととても怖いです。

たまたまうちの猫は、手術しても大丈夫だったけど、もしかしたら、と思うと。

本当は外出自由猫が一番幸せだと思うのですが、(うちのかわいいニャンニャンたちも若いころ、脱走して帰ってきたときは目が輝いていたし)、ウイルス性の病気の事や、近所の事を考えると家に軟禁しなきゃならないですよね。

迷い猫ニャンニャンに飼い主がいて、自由にさせておいてるのならそれでいいけど。
外出自由猫って、セカンドハウスを持っている子が多いし、いろんな家でもてなされて、それが楽しいのかもしれないし。

それが猫の「ロマン」なのかもしれないし。

でも本当のところはどんなんだろう?




で、関係ないですけど、その日の夜、水の方の蛇口からは水が出たのですが、お湯の方の蛇口からは水が出ませんでした。
今日(というか昨日)の朝(というか昼)に起きてからもお湯の蛇口からは水が出なくってパニックに!

それほど(凍るほどに)寒い気はしなかったのですが、水道管をぬるま湯で温めて、蛇口を開いた状態にしておいたら20分後ぐらいにやっとお湯が出て来ました。

いつも当たり前のように使っていたお湯ですが、夏だったらまだしも、冬にお湯が出なくては何もできません。
手も洗えないし、茶碗も洗えないし、本当に、今まで当たり前だと思っていたけど、ありがたいことなんだなぁ、と思いました。

2011.01.10
あの迷い猫は、7日から来ていません。

というか、姿を見ていない。

来ているかもしれないけど、見ていないです。

こちらはすごい寒さと雪なので、飼い猫だったらあんまり外に出たくない、と思うし、野良猫とか迷い猫だったら、うち(サンルーム)にいるはずだと思うんですが........

一応まだチラシは張っておくつもりです。

あの迷い猫ニャンニャン、立派な玉をつけていました。


うちのリオ君たちだってもっと立派なのを付けていたんだよ。


そうゆう気持ちをずっと抱えつつ、まぁ、過ごしていたんですが、


今、お雛様の顔を作っています。


と、ところが、顔ってすごく難しいですね。

お雛様なのに、彫が深くなってしまって削ったり、盛ったり、作り直したり。。。。。。。。。。。。。。。。

で、気分転換に「猫でもいじめるかぁ~」。。。。。。。。。。と、

再建手術をしました!

まずはニコル君

tamasaikenn.jpg

立派な玉が再建されています

次はぁリオ君

tamasaikenn4.jpg
これまた、立派な玉が再建されました!

リオ君は今日の朝からなんだか調子が悪くて全然食べなくてすごく心配していたのですが、昼過ぎにゆで卵の卵黄少しと、かつをぶしを少したべ、夕食には焼き魚をねだりに台所に来てくれました!

そのあとも食べてくれて今も食べています。

食べてくれれば安心できるのでありがたいです。


ここに衝撃的な写真を見せちゃいます

な、なんと!
tamasaikenn2.jpg

み、三毛猫なのに、玉が。。。。。。。。。。

それも相当立派な玉ですね。

ミュシャも性転換手術をしました。

で、これが

tamasaikenn3.jpg

のどちんこ。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

続 迷い猫

2011.01.07
今日の3時頃、遅い昼食を食べていたとき、庭から「ガタッ」という音がした。

............


その前に

あの猫が初めに迷い込んできたとき、庭を囲っているラティスの戸は開けたままでした。
だから入り込んだんだけど。

22日からはずっと見るたびにいたし、チラシを出したので、飼い主から電話がかかってきたときにすぐに引き渡せるように、ラティスの囲いをしました。

仕事もあるし、一日中見てるわけではなかったのでわからなかったのですが、ヤツは囲いを登って、出入りしていたのだ

それがわかったのは昨日。

昨日夕食を持って行って(サンルームのねこたちに)、その時にあの迷い猫はこたつの中に潜っていたのか見えなかったけど、洗い物をしてからサンルームをのぞくと(廊下からサンルームが見える)、ヤツが口をもごもごさせながら優雅にに顔を洗い、伸びをして、ラティスを駆け登った。

見事な技に、しばし見とれて.............
「ハッ!もしかしたら家に帰るかもしれないからあとをつけよう」、と思ったのですが、私が外に出たときはもう姿が見えませんでした。


で、今日です!

私は仕事がひと段落して、ご飯を食べていました。
その時です。

急いで外に出て、あの子の後をつけました。

猫って、犬みたいにまっすぐに進んではくれません。
よその家の庭を横切ったりするのですが、私まで入っていくわけにはいかないし、急いで大回りして見つけたり、あとは猫ってやつは佇むのが好きです。

今日はすごい寒くて吹雪いていました。
仕事着は薄着なのでその上にちょっとしたはおりものを着ていましたが、外に出て5分もしないうちに凍りそうでした。
でも猫は佇んでいます。

寒くないのか?
なぜ雪の上で寝てるんだ!

早く動いてくれぇ~

ってな感じで、1時間近くそんな状態でした。

結局途中で見失い、どこに行ったのかわからずじまい。

チラシを見たという、年配の方がNDNの方を通して電話をくれたのですが、あとで「やっぱり家にいた」と電話があったそうです。

私もずっとうちのさんルームにいると思っていたので、その方のうちのねこではないと思っていましたが、自由に出入りしていたし、教えてもらった住所の方角に行きましたし。。。。

どうなんだろう?

また遅くに来たので、何とか首輪、ゴム(引っかかっても危険じゃないように)ので手紙をつけてみたら、飼い主のところに戻ったら外されるかもしれないと、何とかつけようとしましたが、残念な結果に。

少し触ったのですが、野良猫ではなく、人にかわれている、もしくは飼われていた猫のようにすごい敵対心は持ってないようでした。
うちの真美ちゃんはいまだに触らせてくれないのに。

そんですごく暖かかったです。
猫ってこんなにあったかいんだ!って思いました。

うちの猫たちは温かい部屋から廊下とかに出ていくと、氷みたいに冷えています。
一緒に寝てても全然あったかくないし。

あの子はあんなにあったかいから雪の上でも寝れるんだ!、と変なところに感心してしまいました。

今日は残念な結果になってしまいましたが、もう少し様子を見ていこうと思います