FC2ブログ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

タフィーの勝利!

2015.03.30
今日のベトナムvs日本vsタフィー戦です


[広告] VPS


状況を深く読んで鋭いパス。

さすがタフィー


[広告] VPS


結果はタフィーの圧倒的勝利でした。

本当はリナとサンタも選抜メンバーでしたが、ほかの試合があって出場できませんでした。

タフィーはほかの二人の分も、頑張ってくれました。

頼もしいです。
スポンサーサイト

3月21日、23日

2015.03.29
カーテンレールの上に乗るさんた

20153gatu26 001bro



手前がさんた
後ろにリナちゃんと、じゅりちゃん


20153gatu26 002bro



まおくんと、タフィーが一緒に寝ています。

20153gatu26 003bro


りなちゃん

[広告] VPS


もう6ヶ月になったというのに、まだおっぱい。

お母さんのおっぱいって、まだ出るんでしょうか?


子猫たち(もう子猫って感じではないけど)まだ風邪のために飲み薬と点眼点鼻薬をしています。

が、そのせいで、私は「意地悪する人」みたいな感じになっています。

一緒に寝たり、遊んだり、なでたりは出来るんだけど、急に思い出すんでしょうね、「この人って、嫌なことするんだった」って。

薬の時は、まず逃げます。
捕まらなくて、決まりがつかない。

嫌なことは早く終わらせたいのに。

でも!

今日、発見しました!

嫌がって逃げても、「ねこじゃらし」を振ると寄ってきます。もう猫じゃらししか眼中にないので、ついうっかり捕まっちゃいます。

猫じゃらし、すご~く便利~!

桜Sweets

2015.03.28
20153gatu26 039aucbro


20153gatu26 046bro


20153gatu26 040bro


20153gatu26 014bro


20153gatu26 011bro


20153gatu26 044bro

さくら

2015.03.26
桜の作品、第2弾です。

20153gatu21 007bro


20153gatu21 008bro


20153gatu21 009bro


20153gatu21 010bro


20153gatu21 013bro


  

2014年10月25日

2015.03.21
4匹でお戯れ。

[広告] VPS


この頃はまだ、サンタとリナが、同じ顔に見える。

でも奥のほうがたまが付いてるからサンタ。



[広告] VPS



この頃はりなちゃんも結構活発に見える!

さくらできた!

2015.03.19
桜、出来ました!

しだれ風、さくらです。

2015 3gatu17nichi 008bro
  

2015 3gatu17nichi 026aucbro


2015 3gatu17nichi 030bro


2015 3gatu17nichi 034bro


2015 3gatu17nichi 034bro


2015 3gatu17nichi 038bro


2015 3gatu17nichi 039aucbro


2015 3gatu17nichi 041aucbro


障子戸の張替え

2015.03.18
ビリビリに破かれた障子戸。

いい加減張り替えないと空家みたいだし。

ほんと、みっともないぐらいにすごい事してくれるんですよね、猫ちゃんたちは。

[広告] VPS



もう、好きにやっちゃってください!

張り替える前なんだから。


昨日、猫に易易と破かれないように、破れにくい障子紙を買ってきた!

自然と笑みが溢れる。

「猫に勝った!」

きっと、「なんで破けないんだろう?」ってがっかりするに違いない。

「やったぁ~!これで猫に勝ったぞ!」

と思った。


しかし、今日、障子紙をはがしながら、横目で猫たちを見てると、すごく楽しそうに障子紙を破ってる。

わたしは、その猫たちの、ささやかな楽しみを奪ってしまうのか?

そんな事していいのだろうか?

と、それまでは猫に勝つことが楽しみで障子紙の張替えをしていたんだけど、急にとてつもなくひどいことをしてる気分になった。

でも、道路側の障子戸はビリビリだと恥ずかしいし、やっぱり破れにくい方がいいよな。


車庫側の障子戸は、破れにくいやつで貼ったけど、後で穴を開けて外の様子を見ることができるようにして、
庭側の障子戸は、ビリビリ破けるように、今までどおりの破れやすい障子紙にすることで、自分自身に折り合いをつけた

破けることのできる障子があることで、罪悪感が薄れる。

 
障子戸を外したついでにガラス戸を綺麗に磨いた時に、サンタが手伝ってくれた。
洗剤がつくと悪いから、「いいよ、休んでて」って言ったけど、手伝いたくて仕方ない様子で,..........サンタはなんて優しい子なんだろう、とおもった。

昨日、猫たちに勝つことが楽しみで仕方なかった私に、こんなに優しい態度で接してくれるなんて、本当、猫って魂が綺麗なんだなと思った。

あかちゃん、テレビ大好き!

2015.03.18
こいつらは

2015 3gatu17nichi 005bro

こうやってサッカーを見ていますが


リナちゃんは、もうそのずっと前からテレビ女です

2015 3gatu17nichi 006bro

まず、朝からテレビにしがみつき、

寝てる時と遊んでる時を除いて、テレビの付いてるときは、テレビにしがみついています。

アナウンサーが持つ指し棒が一番のお気に入りです。


そういえば、「猫の見るビデオ」を買ったことがあるけど、サマンサたちは好きじゃなかったみたいで、ニコが少し見てくれるだけでした。

それも私を不憫に思って。

「見ないと可愛そうだなぁ~」って思ってくれたみたいで。ニコ、優しいので。


で、赤ちゃんたちは(もう赤ちゃんって感じじゃないけど)テレビが好きなので、壊れてから買っていないDVDを、買う時が来たのではないかと思っています。

再生だけのでいいや。

で、猫の見るためのDVDを買って、プレゼントしようと思っていますが、未だに実行しておりません。



こうやってパソコンに向かっていると

まおくんが

2015 3gatu17nichi 001bro

「いつまで待たせるの?」

と無言の圧力。

そして戸を破壊しに行きます。

もう、かじられて穴が空いてしまいました

それでも待たせていると、ベットの真ん中で寝てしまう。

どかそうとすると、「後から来たくせに。端っこで寝れば?」と、頑として動かない。
で、なかなか仲直りしてくれない。

今日も私はベットの隅っこで寝ます。

サッカー観戦する猫たち

2015.03.18
サッカーですね

私も昨年は、急に、サッカーが好きになって、朝起きも苦手なくせに、朝の4時、5時に起きて、サッカー観戦していました。


[広告] VPS



もうちょっとエキサイティングな映像もあったのですが、母が亡霊のように映りこんでいて、「これはちょっと怖いかも~」と、ちょっと抑え目ですがこの動画にしましたよ。

見た人が悪夢を見るといけませんからね。

サムたち4つ子の赤ちゃんの頃

2015.03.15
ここらへんで可愛い画を。

サマンサたちが赤ちゃんの頃です。


左がニコ。右がサマンサ。


015bro_201503150020115a4.jpg

もう~、ちょっとかわいいです。

思い出します。可愛くてもう仕方ないですね。




本当は、4つ子じゃなくて、5つ子だった。

016bro_20150315002012fb7.jpg

リオンと、サマンサと、ニコと、ミュシャ。

もうひとりはタバサちゃん。

順ちゃんの残りのお魚を食べている。


タバサはすごく可愛くて、成長を楽しみにしていたんだけど、腹膜炎でまだ小さいうちにお別れになった。


  


リオくんのおトイレタイム。


017bro.jpg

まだこんない小さいのに、一回教えただけでちゃんとトイレを覚えました。

リオくんは一番小さくて、風邪をひいたり、なんか弱々しくて、とても心配した子でした。

すごく優しくて可愛い子に育ってくれて、本当、王様のようでした。



タバサ。
019bro_201503150020156ae.jpg

もし、タバサがもんなと同じく生きていたら、どんな風景になったんだろう?



リオくん
020bro_20150315002110be6.jpg
ミルクを飲み終えて、お休みタイム。

リオくんは一番体が弱くて心配した分、何をしても可愛かった。

いや、そうじゃなくても、表情も、姿も何もかもが可愛かったな。




021bro_201503150021110c6.jpg
リオくんと順ちゃん。

リオくんは順ちゃんが大好きだった。

順ちゃんは、子猫たちが来る3か月前に行方不明から戻ってきました。

27日もの間、どんな風に生きてきたのか、見つけたときは雑巾みたいでした。

チラシを新聞屋さんに頼んで、それを見た人から連絡があって、やっとおうちに帰ってきました。

順ちゃんの頃は、まだ家と外と自由に出入りするのが当たり前の時代だったので、リオくんたちみたいに完全な家猫ではありませんでした。

今更外出は禁止、なんて言ってたらストレスになるだろうし,順ちゃんが外に出たいっていう時はこっそりあとを付いていったものです。

順ちゃんを溺愛していたので、ジュンチャンのいなかった27日間は、もう辛くて、毎日探しに行っていました。

おまじないとかもその頃は信じていたので、思いつく限りのおまじないをして、あと神様にも「もしもう一回会えることがあったら、1年でもいいから一緒にいさせてください」とお願いしました。

いざ,順ちゃんが見つかって、喜んでいたけど、そういえば神様に一年って約束したよな、。

って、思えば思うほど、だんだんと約束の一年が近づいてくる頃にはビクビクして過ごしていましたが、見つかってから6年、一緒に生活できました。


もし、見つかっていなければ、チラシを見た人が連絡をくれなかったら、ずっと悲しいままです。

小学生の男の子が、チラシを見て、みんなで探すためにおこずかいでチラシを作って配ってくれました。

とても嬉しかった。

順ちゃんのために、自分の少ないおこづかいで、コピーをして、配ってくれて。


順ちゃんが見つかって、お礼に行きました。

苗字は忘れましたが、家の場所は覚えています。

あの男の子はどんな青年になったんだろう?

しみじみと、人の暖かさを感じました。