FC2ブログ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

ちびたちのちっこ

2013.09.09
ちびたんたちの子供のころ、おしっこの風景です。

みんなすぐにトイレを覚えました。なんか人間よりもすごいな、って思ったのを覚えてます。




[広告 ] VPS



ミュシャのおしっこしてるのをまるで獲物でも見つけたかのように態勢を整えるサム。
リオは勢い甘て頭をぶつけてるし。。

今になって、あんなにもかわいかったんだってやっとわかった。



サムの事はずっとクールだと思っていた。

まだ、ほんの子供のころ、みんなが頭を嬉しそうに撫でてもらう時でも、サムは「頭はやめて!」って言った。

なんかクールなんだな。って思っていた。

でもビデオを見てると、何かをした後に必ず私のもとに来て何かを伝えるように、ベタベタしていた。

本当は甘ちゃんだったのかも。

今は年を取って甘ちゃんになったって思っていたけど、本当は甘ちゃんなのに我慢していたんじゃないか、っておもう。


だってリオ君やニコルが病弱だったからどちらかというとサムとミュシャはほったらかしになってることが多かった。
ミュシャはそれでも私のあいてる時間を見つけては抱っことか積極的にしていたけど、サムはずっとクールだった。

なんか、サムはずっとお姉さんだと思っていて、丈夫だったし、クールだから来た時だけかわいがっていればいいや、って思っていた。

でも今にして思うと違ったんだと思う。

サムは我慢していたんだと思う。

19年も経ってからやっと気づいた。

若い時のたまに見せる甘えっぷりは、他の子と比べ物にならないほど濃密だった。

でもしょっちゅうじゃなかった。

だから私の愛情はそんなに必要としていないんだと思っていた。

だからサムが来た時だけ。たまにこっちからベタベタすることもあったけど、「いや!」って言われたら本当にいやなのかな、って思うぐらいで、でも喉をゴロゴロ鳴らしてるし、本当は嬉しいんでしょ?とか言ってかまったりして、サムも「もう、しょうがないなぁ~」って感じの時もあった。


みんながあっという間にいなくなっちゃって、サムだけになったとき、それでもサムはクールなのかな、って思ったけど、全然そうじゃなくて淋しがるし、不安だったんだよね。

今思えば、今までサムと濃密な時間が足りなかった分、今はこうしてずっとベタベタしていられることをありがたいと思う。


スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する