FC2ブログ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

おしっこ事件

2013.10.10
サムに近づき、このお手手の匂い(枝豆の匂いがする)を嗅いでから

2013 021bro

パシャっと撮ると


2013 022bro


起きちゃった


2013 042bro

サム 「ねーちゃん、よく飽きもせずに何枚も撮ってるんだから。」



でもね

2013 007bro

こんなのとか

2013 002bro

こんなのとか、今までに何回も撮ってきてるけど、微妙に違うんだよね。

っていうか、なんかせっかく可愛いのに撮らなきゃもったいない感じ。


2013 012bro

こうやって一生懸命に食べてくれていればそれもちゃんと記録に残したいし。


べびすたラーメンだってこぉ~んなに

2013 044bro

食い散らかしてくれたりさ。



この間、下の部屋のサムのトイレの場所を少しずらした。

これからヒーターをつけることになると、吹き出し口を開けておかなきゃないからね。


で、夕方とか夜も普通におしっこはしていたんだけど、夜中になって何回もトイレに入ったり出たりを繰り返してる。


すごく嫌な感じがして、じゃ、二階で落ち着こうか、と思って2階に連れて行ったけど、やっぱり何回もトイレに入ったり出たりを繰り返し、しまいに一滴とかしか出なくて、それにだんだんと血の混じったピンク色のになってきた。

ちょっと、まだ病院があくまで8時間もあるのに、どうしよう、って悩みましたよ。

どうしたらいいんだろう、って思って色々考えてたら、そういえばサム、前に膀胱炎やったことあるんだった。
また膀胱炎なのかな?

おしっこ関係はだいたいそうゆう時って炎症があるから抗生剤飲ませるんだよな。

って思って、猫の薬入れを探しました。

「あった!」

飲ませるとき、勝手に自己判断してしまって飲ませちゃっていいのかな?とも思ったけど、一回ぐらい飲ませても大丈夫だろう、って思って飲ませた。

それから何十分かして、疲れちゃったのか寝てしまった。

私もサムが寝てしまったのでつい寝てしまった。

朝おきたら、ちゃんとおしっこの塊があって、少しは改善されたみたいだと思った。

次の日に、サムガおしっこするのを待ち構えて採取しようと思ったんだけど、敵もすばやい。

床にこぼれていたおしっこをスポイトですくって(小指のほんの先っぽぐらいしかなかったけど)ダメもとで持っていった。

サムは連れて行きたくなかったので。

結果は潜血があるとのことで、抗生剤を8日分もらってきて飲ませました。

飲み終わって2,3日経ったので、またおしっこだけ持って行って大丈夫か聞いてこようと思っています。


そういえばこのおしっこ事件の前からお尻が濡れていたり、ぽとぽとこぼれていることがあったな。

もう年だから足の筋力もなくて腰も良くないから溢れやすくなるのは仕方ないみたいだけど、なんとか軽減させたくて最近はマッサージしています。

2013 034bro

耳の後ろから始まって、

2013 033bro

尻尾の付け根まで。


ちょっと気持ちいい?
って聞くと

2013 035bro

ちょっとはね。

だってさ。

2013 027bro


でももしかしたらトイレの場所を少し移動させてことによるストレスだったのかな?

でもそんなことに動じるサムじゃないよな。


これを機に、トイレは入りやすいように入口を低くしました。
(すっごく大変だった。ヒートカッターでも切れないし、のこぎりでやっと切った)

もっと早くからしてらればよかったんだけど、ホントうっかりしていた。

高いところも登るし、階段も自分で登ったり降りたりしている。

でもたまに落ちることがあるから、登りそうになると付き添ったりしてるけど、仕事してる時は見てられないから、階段の下に落ちても骨折しないようにクッションを敷き詰めておいてる。

だから落ちてしまった時でも「コツン」って骨の音はしなくなった。


どうせトイレは二回にも下の部屋にも置いてあるんだから、いっそのこと閉じ込めておけば安心だけど、買い物に行ってる時は閉じ込めてるけど、家にいるときは、なるべく自分の力で階段を上ったり、歩いたりして欲しい。

少しでも筋力がつくように。

スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する