FC2ブログ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

新しい子

2014.02.22
10月30日にあった出来事ことからちょうど一ヶ月後に新入りが家族になりました。2月17日の月曜日に去勢手術をしました。

サムのことが自分の中で消化できず、怖くて、思い出すのが辛くて、皮相的な生活を送っていました。

この子が家の子になって、可愛がらなきゃ、って想いと、全然サムに似てないし、可愛いと思えない、全く違う生き物、この子はこの子なんだからちゃんと人格を尊重してやらなくちゃ、っていう思い、様々な思いがあって、また、このブログはうちの四つ子のために書こうと思ってブログなので、異種の、同じ猫ではあるけど別の存在のことを書くのは違うんじゃないかと思っていました。

まだ、サムのことを書くのには早すぎて、思い出すのも辛い。

カメラを操作していて右を押すか左を押すかでサムの映像が出てしまった時には「可愛すぎる」、と思ったあとですごく切なくなる。

サムを見たいけど、見てしまったあとの悲しみに耐えるのが辛い。

そして全然違うとはいえ同じ猫を見ているのの辛い。

どうしてもサムと比べてしまう。

そんなのこの子にとっては理不尽なことだし、家に入れてしまったからには愛情いっぱいに育てなきゃって思うんだけど、自分の気持ちをごまかしておくのがすごく辛くて辛くて自分自身が嫌になってしまう。


この子は、近所の奴が転勤?だかでそのまま置いていってしまったという近所の人達の話なの。

昨年の夏頃から見かけるようになって、うちの母がご飯をあげ始めてほかの家でもご飯をもらっていたみたいなんだけど、寒くなってきて、うちにも勝手に上がり込んだりして、そこまでされたらちゃんと飼うしかないよね?

でもこの子にとっての幸せって、食べ物がちゃんとあってお外も行ける、っていうのが理想なんだ。

だから今は家に軟禁状態なんだから幸せじゃない。

寝るときは私にべったりくっついて寝るの・

何回か脱走をしてて、この前脱走したときは5日間も寝ずで玄関開けて待っていた。

身体中傷だらけで、臭いから洗いたいけど傷がひどすぎて洗えなかった。

うちの猫たちはお外に行く(脱走)って言ったら、自由を満喫、って感じで、リオくんは博愛主義だったから「みんな仲良くしようね」って喧嘩なんかしなかったし、その日のうちに帰ってきてくれてた。

何から何まで違うし、なにか全く別の種類の生き物って感じ。


でも、でも。


なんかしょっちゅうストレスまみれでアル中なんだけど、今日はちょっと楽しいことがあってマークの曲を聴きながら踊っていたら、マーク(新入りの名前)が「姉ちゃん、なんか不憫だな」ってかおしたの。

でも何ヶ月ぶりかに楽しい気分だったから調子に乗ってサムの画像見た。
はじめはすごくキュンとして盛り上がったんだけどだんだん辛くなって号泣した。
そしたらマークの奴がまた「姉ちゃんって、不憫な子だな」ってかおしたの。

なんか優しい気持ちを受け取った気がした

そういえばこの子ってなにしても怒らない。

初めはそれがムカついた。

猫のくせに嫌だったら嫌って言えばいいじゃないか、って。

猫が人間の言うこと聞くなんてダサいし。面白くないし。

ちょうど1年ぐらいの年だから、性格も決まってしまっているんだろう。

食べ物だって、ドライフードしか食べないから面白みもない。

スーパーに行って美味しそうなお刺身にできるお魚買ってきてもお刺身も仕方なしに少しだけ食べる程度。

猫だったら喜ぶもんだろ?

ドライフードだけなんてジャンクフードしか食べない人間と一緒じゃないか。

だからスーパーに行っても全然楽しくない。

白い部分がちっともなくて可愛くないし、うんこは臭いしおしっこも臭いし、マーキングするし、.........


私がダメなんだってことはわかるけど、なんかどうしても理解できないし、何もかも違いすぎるし、可愛くないし、って思っていたけど、最近ようやく少し慣れてきた。

なんとかうまくやっていきたい。
スポンサーサイト

テーマ : 猫と暮らす
ジャンル : ペット

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

kupidoさんの過去のブログ。
とても人間らしく、共感できる事と勇気づけ
られる事がいっぱいでした。
ありがとうございます。

たくさんコメント書いてしまいましたが
返信は不要です♪お忙しいかと思います。
お気になさらないでください(*^-^*)

Re: タイトルなし







ゆりっぺさん

コメントありがとうございます(^.^)

そうでした。こんなこと書いてたんですね。

傍目から見たらひどい。

今ではまおくん大好きで仕方ないのにね。

ブログは夜中に書くので感情的になったり、自分だけの世界で文章にもなってなかったり。

 書いてからずっと見てませんでした。

でもこのまおくんに対しての思いも、かつての自分が思ったことなので(ほんと後悔してるけど。まおくんに対して)自分の恥を受け止めないとね。

前のサムたちの時はすごくお世話してたのに、食べ物もいろんなものを食べてくれたのに、まおくんは手のかからない子だったので、(本当だったらありがたい子なんだけど)物足りなかったです。

私は、猫が大変な目に合わせてくれると、愛情が出てくるタイプなので。

今はもういろんなことをやってくれるので可愛くて仕方ないです。

でも、こんなことを思い出させてくれてありがとう!

自分のブログを振り返るのもいいですね。










コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する