FC2ブログ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

2013年3月26日~3月27日

2014.04.06
2013年3月26日

サムがいちいち可愛い顔して寝てる

niikon 170bro3

顔は隠しているけど、かわいい感がにじみ出ている。

サムガひとりっきりになってしまってから尚更、なんでこんなに可愛いんだろうって、考えても答えはないけど考えてしまっていた。

すべてがかわいくって、すべてがsweetで、サムがいれば食後のデザートなんていらない感じ。

リオくんやミュシャやニコがいた時もすごく満ち足りて幸せな日々だったけど、サムと二人っきりになってからはとても切なくて甘い大切な日々を、毎日幸せを感じて過ごしていた。

こんな日が、ずっと続いてくれるように願っていた。

ちょっとここでもう限界だから思い出話はもう少し後でにしよう。


P3270084bro1.jpg


niikon 172bro2


これは晴れた日、戸を開けたらちょっと出て直ぐに帰ってきた。

すごく痩せていたけど、サムは弱みを見せなかった。

いや、サムにしては本当の自分じゃなかったのかもしれない。

本当はもっとかっこいいんだよ、って、そっと話しかけてくれた。

思い出はもっといっぱい複雑にあるけど、覚えてる限り書いて残しておきたいけど、まだ辛すぎてむりだ。

今はまおくんが一緒に寝てくれるけど、それも一から十まで嬉しいわけじゃなくて、なんかすぐに浮気してる感じが自分で許せないし、でもまおクンをそのまま野良猫にしておくのも辛いし。

サムたちはどう思っているんだろう、って思う。

ブログを書くのにこのページを開くとサムたちの写真を見ることができる。

嬉しいけど辛くて、見たいけど、見たあとですごく切なくなる。

もう一度でいいからこの手で触れて、匂いを嗅いで、声を聞きたい。
スポンサーサイト

テーマ : 猫と暮らす
ジャンル : ペット

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する