FC2ブログ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

フードのこと

2015.02.13
キャットフード。

うちは缶詰と、ドライフードと、焼き魚、たまにお刺身、ゴートミルク、卵黄、たまに鶏肉、などを食べさせてます。

サマンサたちもそんな感じで、たまにアイスとか、生クリームとかチーズとか、ベビースターラーメンとかポテチとか、たべさせないほうがいいというような物も食べさせていました。

意外と塩分の強い練り製品は、食べさせなかったです。

前に、腎不全で亡くなった子はカニカマが好きで、喜ぶからと母と父がよく食べさせていました。
ほんとのたまに、少しなら、まだいいんだろうけど、猫の喜ぶ顔を見たくてつい、しょっちゅう、やってしまったんでしょうね。


でも、具合が悪くなって、何も食べたくないというとき、そうゆうものをやると、その惰性で?ちゃんとご飯も少し食べてくれてました。

体に悪いかもしれない=美味しい、って、人間にも当てはまりますよね。

うちは基本的にドライフードと缶詰ですが、この前、事件が勃発しました。


缶詰に青いビニール紐が入っていました。
そこの会社のは、何年か前にもそうゆうことがあって、3回目、見つけた時に電話したんです。

そうしたら女の人が対応してくれたのですが、入ってしまっても仕方がない、という言い方をされました。
こちらは毒素が缶詰全体に回っていないか心配で、電話したのに、すごく上から目線で感じ悪かったです。

それからはもうそこのは買わないことにしたのですが、そのことを忘れた頃に、老齢猫用の柔らかい缶詰が出ていて、またそこの缶詰を買うようになったんです。

何年か、何事もなく、安心して猫に食べさせていたのですが、この間、缶詰を開けたら青いビニール紐が入っていました。

前のこともあるからクレーマーに思われないようにただ事実を言った、もうこのようなことがないようにして欲しいという思いだけだったのですが、この度の人は申し訳なかったですと言ってくれて、缶詰2個とスープを送ってきてくれました。


そして一昨日、猫たちの食事を作っているとき、ドライフードですが、黒い毛みたいのが突き刺さっていました。

人間の髪の毛か、どうぶつの毛か、掃除用のブラシの毛なのか。

そこのドライフードはブチルヒドロキシアニソールとかの防腐剤も使っていないし、防腐剤も使っていない、日常上げるのにちょうどいいドライフードだと思っていたので、なんか不安になって電話しました。

クレーマーに思われないように、下でに出て。

「牛と豚を使っているからその毛だと思います」とのことで、申し訳ないとの言葉は聞けたけど、今後このようなことのないように、との言葉も聞けたけど、なんか不安が残りました。

後から、「その毛?を調べるから送ってください」ぐらいのこと、言って欲しかったと思った。

で、今日、またそこの同じドライフードをお皿に入れてたら、また同じ黒い毛の突き刺さっているのと、混ぜ込んであってぱったり張り付いてるのと、白い毛が入ってるのと、全部で12個も見つけてしまった。

ちょっと気持ちわるいじゃん。

ひとまず、ラップに包んで、写真に撮っておいて、後からどうするか考えようと思った。



が、多分、アンジュかまお君が勝手に台所の戸を開けて、よりによってそのラップに包んであった、毛入りのカリカリを食べてしまったらしい。

ラップも見つかっていないのだが、まさかラップまで食べてしまったのか?


普通にやってもそれほど喜んで食べないくせに。


テーブルに上がっていた魚も食い散らかされていた。


猫ってね、なんで人間が困るって思うことをするのがすごく好きなんだろう?

怒っても、キャッキャ言って、遊びだと思ってるし。

その度に、猫に対して怒るなんて生産性のないことをしてしまった自分が情けなくなってくる。


どうしても猫の勝ちなのだから。


それにしても、フード選びって難しいですね。

自分で手作りごはんやるのも大変だけど、食べてくれればいいけど。

まおくんは缶詰は一切食べたがらないで、ドライフードのみだし、やっぱり信用してドライフード買うしかないのかなぁ~






スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する