FC2ブログ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

2010.05.26
昨日はニコとRIOの血液検査に行ってきました

病院に着いてから患者さんの飼い主さんと話をしたのですが、たまたま隣に座っていた人は自分で皮下補液をしてると言っていました。
それも毎日。

私なんて3日にいっぺんだけど、注射の日は朝からきが重たくて、終わったあとは一日分の仕事をし尽くした重さがあります。

クピドがいるときは毎日朝、晩でしたが、今は3日にいっぺんでもすごく大変です。

で、毎日皮下補液をするのはすごく嫌なことでした。
だって痛い思いをさせなきゃないんですから。
でも、猫はどんなに苦しくても生きることをあきらめない、だから一緒にがんばっていました。
いま、もしクピドが生きていてくれたら喜んで皮下補液をしていたと思います。
kupido.jpg

クピドです。
嗚呼、なんてかわいいんでしょう!もっと写真写りのいいのがあるんですが。
最近になってやっとクピドの写真を見てかわいいと思う事が出来るようになりました。
見るのが辛くてずっと見てなかった分、かわいくてたまりません。

私がクピドの皮下補液をしていた頃は、通ってる病院では皮下補液セットを買って家でするのは私ぐらいだったそうですが、今は増えてきたみたいです。
動物病院にとっては連れてきてもらったほうがお金になると思うのですが、やはり、飼い主や患蓄にとっては家でやったほうがストレスが少ないと思って家ですることを許してくれるんだと思います。

そのあとに、わんちゃんの飼い主の方が土曜日から入院してるわんちゃんが、腎不全とのこと。
猫は腎不全、犬は心臓の病気が多いので、飼い主さんもまさか腎不全とは思わなかったそうです。

で、先生に家での皮下補液を薦められたそうです。
「どこに住んでますか?手伝ってください」といわれて「いつでも行きますよ」と言ったのですが、そのあと先生に呼ばれて待合室に戻った時はもうその飼い主さんは帰ったようでした。

私も自分で皮下補液をするまでは「絶対に出来ない」と思っていましたが、必要に迫られるとやらずにはいられません。

動物病院とは猫にとって嫌な場所。
飼い主にとってもですが、そこにいる飼い主さんと励ましあったり、そこで不安な心を強くしたりできる場所でもあります

りおくんの血液検査の結果ですが、前に検査した時は皮下補液をしてるにもかかわらず数値が上がっていたのですが、今回はクレアチニンも1,8(正常値以内)BUNもちょっと高めなぐらいでした。

ニコも少し高めですけどあまり変わりありませんでした。

あ~、これでちょっとの間は安心です

血液検査も、数値は上がったり減ったりで、上下は激しいのだと思います。
たまたま昨日はよかっただけで、明日は高くなるかもしれないし不安な事には変りありません。

出もしょっちゅう血液検査をしに行くのも猫にとってはすごいストレスです。
そのストレスのせいで症状が悪化してしまうのは避けたいので、なるべくなら連れて行きたくないです。

猫も年をとるといろいろ大変ですけど、可愛いから仕方ないです。
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する