FC2ブログ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

2010.08.23
サマンサですが、7月10日に具合が悪くなってから、しばらくの間、家で皮下補液をしていました。

調子も戻ってきたようなので、今は少し安心しています。

具合が悪くなって病院で点滴しているときの中休み(病院の休みの日)に脱走に成功してから、ちょくちょく脱走しています。
saman.jpg
身体は元に戻ったようですが、甘ちゃんぐせは残ったまま。

リオ君も抱っこ大好きです
riok.jpg
riok2.jpg

ガリガリなので、抱っこしていると骨があたって痛くないのかしら?と思ってしまいます。

ニコは母の勉強の監督をしています

niko3.jpg

サマンサも調子が戻ってきて少し安心していたところに、ミュシャが緑の液体を吐きました

ビックリです

今まで緑の吐しゃ物は見たことがありませんでした

夜に吐いたのですが、次の日はいつも行っている病院は休みです

「もう少し様子を見よう」と思っていました。
店も忙しく、たまに様子を見る程度だったのですが、店が落ち着いた頃にネットで調べてみると、糖尿病とか、がんとか、内臓系の病気とか、怖いことがたくさん書いてありました

即、外ネコのココちゃんの係りつけ医の方の病院につれ行きました

診てもらったら、緑の吐しゃ物は胆汁で、「よくあること」みいなことを言います。

でも何十年、たくさんの猫たちと過ごしているけど、緑の吐しゃ物は初めてです。

胃腸が炎症をおこしてるのかも、と炎症止めの注射と、吐き気止めをもらってきました。

食欲はむらですが、食欲がないということはなかったので、あと運こもしていたので、腸閉塞ではない。

でも、目つきが普通じゃない。
何が原因なんだろう?

と思っていたのですが、鼻水とくしゃみが始まりました

また病院に連れて行くと「風邪みたいですね」と、インターフェロンの注射と、抗生剤注射、あともう一本をして帰ってきました。

今、食欲も旺盛だし、やっと元気が出るようになりました。

きっと
myus.jpg
こんな感じで寝て、おなかでも冷やしてしまったのでしょう。

老猫との生活は、いつもはらはらどきどきです

スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する