FC2ブログ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

2011.01.17
昨日、というか、おとといになっちゃう?15日の土曜日ですが、7日から見ていなかった迷い猫ニャンニャンが姿を見せました

猫と人間の夕食を作っているとき、母がまるで一大事、みたいな声を出したので行ってみると迷い猫ニャンニャンがちょうど、2メートルのラティスを駆け登っているところでした

「おおっ!、これは後をつけなきゃ!」

と思い、オーバを着て尾行を始めました

まぁ、姿を見かけなかっただけで、来ていたのかもしれませんがね。

この前と同じく2丁目の方に行って、でもちょっと違う方向へ...........

ところどころのんびりと休んだりして、移動してを繰り返しながら、何とか気づかれずに尾行を遂行しておりました。
こちらはすごい雪で、どこの家も雪が積もって庭とかは歩けない状態だったので、移動は道路のみ。
たまによそ様の玄関に入って行って休んだりしながらのんびりと移動してました。

で、あるところに来たら、たぶんこの雪では移動することができないような感じだったのに、姿が見えなくなって、「あきらめるか。。。。。。。。。」
でも、ここまで来たのに。。。。。。

と思いながら、行ったり来たり。

ちょうど行き止まりの家で、そこからその家の人が出てきて不審者に思われてしまいました。

でも、その人の話では、「茶色い猫は野良猫で、うちの室外機、温かいから暖を取っている」みたいなことを言っていました。


えぇ~、ノラネコ??

ノラネコだったらもっと白い部分が汚れているはずだよなぁ~
よっぽど、きれい好きでぺろぺろ舐めてきれいにしてるのか?

それにこの間は一瞬でも触らせてくれたよなぁ.
ノラネコだったら触らせてくれないよなぁ

でも、移動の途中でくしゃみをしていて、風邪ひいてるんじゃないか?とか思ったり。飼い主がいたら病院に連れて行ってるだろうし、家から出さないだろうし。


今の状態では家に入れることはできないし、そんな感じで見守っていくしかないのかなぁ、と思います。

家のニャンニャンは、毎日誰かが調子悪くて、(今日はリオ君、とニコ)余計なストレスはかけられないし。

あと、もしその迷い猫ニャンニャンを正式に家に招き入れることになったときは、病気予防のためにも去勢手術はするつもりだけど、今になって、手術も絶対に安全とは言えないので(万が一があるし)悩みます。

もし、迷い猫ニャンニャンじゃなくて、子猫を保護したとしても、手術の事を考えるととても怖いです。

たまたまうちの猫は、手術しても大丈夫だったけど、もしかしたら、と思うと。

本当は外出自由猫が一番幸せだと思うのですが、(うちのかわいいニャンニャンたちも若いころ、脱走して帰ってきたときは目が輝いていたし)、ウイルス性の病気の事や、近所の事を考えると家に軟禁しなきゃならないですよね。

迷い猫ニャンニャンに飼い主がいて、自由にさせておいてるのならそれでいいけど。
外出自由猫って、セカンドハウスを持っている子が多いし、いろんな家でもてなされて、それが楽しいのかもしれないし。

それが猫の「ロマン」なのかもしれないし。

でも本当のところはどんなんだろう?




で、関係ないですけど、その日の夜、水の方の蛇口からは水が出たのですが、お湯の方の蛇口からは水が出ませんでした。
今日(というか昨日)の朝(というか昼)に起きてからもお湯の蛇口からは水が出なくってパニックに!

それほど(凍るほどに)寒い気はしなかったのですが、水道管をぬるま湯で温めて、蛇口を開いた状態にしておいたら20分後ぐらいにやっとお湯が出て来ました。

いつも当たり前のように使っていたお湯ですが、夏だったらまだしも、冬にお湯が出なくては何もできません。
手も洗えないし、茶碗も洗えないし、本当に、今まで当たり前だと思っていたけど、ありがたいことなんだなぁ、と思いました。

スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する